海外進出に必要なコンサル会社の役割

現在、日本ではアベノミクスといわれる経済政策によって輸出関連を中心にした大企業が業績を上げていますが、それらの会社の下で経済活動を行っている中小企業までにはまだその恩恵は届いていないのが現状であります。また地方都市にいたってもその経済効果があるとは言い難いところであります。こういったことから地方の中小企業の中には、海外進出を考えている会社が増えてきています。海外へマーケットを求めて会社としての活路を広げるという戦略であります。その際に必要になってくるのが事前の調査であります。やみくもに海外進出するというのは、非常にリスクがあるからであります。そこでコンサル会社というのを活用することで事前に会社設立にかかる費用や現地の事情を調べることで海外進出できるかどうか確認することができるのです。それは、自分たちで調査するよりコストはかかりますが、効率的にしかも現地の正確な情報を手に入れることができます。

海外進出支援サービスはコンサルタントが必要

中国やインドを中心としているアジアにおける新興国では、近年における経済発展によってグローバル経済全体を牽引している役割を担っているほどの経済成長を遂げており、その発展による凄まじさで市場の獲得をめざしていき、日本において製造業による海外進出は大企業を支えている町工場のように中小企業にまで波及しています。また、高額な法人税や電気料金、円高など、日本経済を襲ってくる六重苦解消のために、日本の製造業については生産拠点による海外移転を加速させていて、海外進出プロジェクトを推進するには対象国や地域の文化、商習慣やカントリーリスクなどの調査を実施して課題を把握した上で、事業立上や事業開始、事業拡大や地域拡大などいろいろなフェーズをクリアしなければならず、海外進出支援サービスについては、経験豊富なコンサルタントによって全てのフェーズにおける課題を解決しています。

飲食店で海外進出、必要なのは開業コンサル

日本食レストランを海外で展開させると考え、海外進出をしている個人や会社は非常に多くなっています。しかし、マーケティング不足からあっという間に閉店に追い込まれている店舗も多くあります。日本人が好きだから外国人も好きと考える方がおおいのですが、実際には日本の伝統的な調理法では海外ではつまらなく感じられます。寿司を例にとって見れば、海外で寿司といえばカリフォルニアロールの様な派手なものばかりです。日本人の様に美味しい素材で本物の職人が作れば受けるというものでは無いのです。この認識のズレを感じとれなければ海外で飲食ビジネスは難しいでしょう。日本で得たノウハウは必要ですが、それ以上に現地の人が何を欲しがっているのかという点にも注目しなくてはいけません。海外進出が決まったら、まずは良いコンサルタントを見つけることが成功の第一歩です。

当店の強みはお客様のご意見をヒアリングをし、ご要望合わせた冊子印刷・自費出版などのサービスをご提供しております。 本文や紙の文字などに箔押しするもことも可能です、なんでも御相談下さい。 自費出版、冊子印刷のご注文にあたって、用紙の色見本を紹介しておりますので、ご参考ください。またご不明な場合はお気軽にご連絡下さい。 冊子を低コストで作るならニシダ印刷製本

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


    *

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)